IMG_プラセンタ

プラセンタを飲んでむくみを解消

プラセンタを飲んでむくみを解消

むくみとは血液中の水分がリンパ管や血管の外にしみ出し、通常汗や尿として体外に排出しなければならない水分が皮膚の下に溜まって起こる現象です。医学的には浮腫と呼ばれています。
原因は運動不足などによって新陳代謝が低下したことや水分、塩分の取り過ぎ、デスクワークなどで長時間同じ体勢をとっていたことによる血行不良等です。
また、女性の場合は妊娠時や生理中、産後等もむくむ場合があります。
むくませない為には冷やさず、身体に老廃物を溜めないことです。
また日ごろの運動量を増やし、塩分の高いものやアルコールは極力控え、バスタイム時にはむくみやすい箇所のマッサージを行います。
これらを行うとむくみを予防することが出来ます。
しかしこれに加えてプラセンタを摂取することで更に効率良くむくみを予防することが可能です。
上手な飲み方についてはhttp://xn--1cki4e8c6b.la/7.htmlにかいてありますのでご覧になっていただきたいのですが、プラセンタには細胞分裂を活発にさせる成長因子が含まれています。
細胞が活性化すると新陳代謝が上がり、体内の水分をスムーズに外に出してくれます。
またそれによって血液の流れも良好になり、体内に老廃物が溜まりにくくなるのです。
さらにホルモンバランスを整えてくれる効果もあるので妊娠や生理が原因のものにも効果があります。


プラセンタの原料は胎盤です。
種類は大きく分けて2つあります。
動物性と植物性です。
動物性のプラセンタhttp://www.dukeswesthollywood.com/pig.htmlには先に記述した成長因子が含まれます。
しかし植物性のものには含まれておりません。
理由は植物には胎盤が無い為代わりに胚から作られているからです。
成長因子は新陳代謝を上げるだけでなくシミの原因となるメラニン色素を作りだす活性酵素を取り除いてくれる作用や肝臓をサポートする効果もあります。
その為幅広い効果を実感したいのなら動物性のものを選ぶ必要があります。
動物性プラセンタの原料で代表的なものはブタのもの、ウマのものです。
ブタのものは人のものと組織が良く似ているので広く使われています。
一方ウマは一回の出産が1頭のみの為、一回の出産が平均10頭ほどのブタのものよりもアミノ酸の有含量が約250倍もあり上質です。
これらのプラセンタは主にサプリメントタイプとドリンクタイプで販売されているため家庭でも手軽に摂取する事が可能です。
サプリメントタイプは少量から始め、徐々に量を増やしていきます。
そして効果が現れた頃の量を3か月間キープし、その後規定量を飲み続けます。
https://lifeyoulike.com/ps_rank.htmlにサプリメントの人気ランキングが載っていますので参考にしてください。
ドリンクタイプはサプリメントタイプよりも吸収が良く、毎日飲まなくても高い効果を実感することが出来ます。