IMG_プラセンタ

プラセンタとヤコブ病の関係について

プラセンタとヤコブ病の関係について

ヤコブ病をご存知でしょうか。
この病気はめまいや立ちくらみがしてうまく歩けなくなるなどの症状がでて目が見えにくくなったり耳が聞こえにくくなるといった状況になります。
この症状が進行すると、痴呆状態になり死に至る恐ろしい病気でもあります。
大体発症しますと1年以内に無動性無言という状態になり、寝たきりの状態になってしまうという深刻な病気です。
現状では残念ながらこの病気に対する治療法がない状態です。
この病気とプラセンタの関係が取り沙汰されたのは2006年に厚生労働省からヤコブ病の対策として、人間の胎盤から抽出されたプラセンタ注射薬によって治療を受けた経験のある人の献血を禁止する措置が発表されたことです。
これはBSEが人間に感染したとされる変形ヤコブ病の輸血感染を防ぐための措置であるといわれています。
ただ、豚などのほかの動物をベースにしたものについては特段規制はなく、あくまで人由来のものだけが規制の対象となっているところがポイントです。
すなわち、すべてのこの成分が危ないということではないという意味です。
このあたりが誤解されていることが多いため、十分に内容をご理解いただくことが必要であると思われます。


プラセンタは美肌やアンチエイジングのためのサプリメントしてのほかに、様々な医療上の疾患治療薬に使われているものです。
実際にこの成分には様々な効果が現れており、医薬品として内服薬や注射薬などが国内でも多くの医療機関で実際に使用されているものです。
現状ではこうした成分とヤコブ病との関連については科学的な根拠はないものの理論上可能性がありうるということで暫定的に輸血が禁止されているということですので、あくまで予防措置の域を出ない状態です。
実際にこの成分で病気になった患者は発生していないのが実情です。
こうした人由来のこの成分の薬剤などで医療行為を行った際にはカルテの保存が20年間義務付けられており、トラッキングは常に可能の状態となっています。
ちなみに通常民間人が美容液や化粧品などを通じて使っているプラセンタは豚由来のものが殆どで人間由来のものはありません。
また植物性のマイルドな成分も配合されていますのでこうした商品を使うこととこの禁止措置との関連性は極めて薄いものと考えていいと思われます。
ただ、人間由来の成分に関しては解明がされていない状態ですので絶対とは言い切れませんので、現状では注意が必要であるといえます。