IMG_プラセンタ

プラセンタのアトピー性皮膚炎へ期待できる効果

プラセンタのアトピー性皮膚炎へ期待できる効果

近年では、子供も大人もアトピー性皮膚炎に悩まされている人々が増加しています。
この皮膚疾患の名前は、奇妙な、という意味に由来しています。
症状としては、アレルギー反応と関係のあるもので、かゆみを伴う湿疹が顔や体に出現します。
かさかさしたものからジュクジュクしたものまで、様々で良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか完治しないことが特徴です。
この皮膚疾患は、様々な原因が複雑に絡みあって起こるともいわれ、子供の場合は食べ物などが原因となることも多いといいます。
皮膚の角質層の異常により、アレルギー物質に対して免疫のシステムが過剰に反応してしまい、それによりヒスタミンという物質が分泌されてしまいます。
このヒスタミンが、皮膚に炎症を起こし痒みをも引き起こすのです。 このアレルギー物質は、食べ物やダニなどのハウスダストの場合が多いそうです。
アトピーの治療方法として、一般的に普及しているのは、なんといってもステロイド剤です。
しかし、残念ながらステロイド剤は対処療法でしかなく使用を中止するとリバウンドが起こってしまいます。
また、皮膚が薄くなるという副作用も患者にとっては複雑な問題です。
そんな中、近年ではアトピー治療にプラセンタという成分が有効であると注目されています。


プラセンタとは、一体何なのかわからないという人もいると思います。
これは、胎盤のことで、胎盤は胎児とへその緒と繋がっており、胎児に栄養や酸素を供給する大切な役割を果たしているものです。
この胎盤には、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが沢山含んでいます。
これには、血行促進や自律神経のバランスを整える他、免疫力をアップさせ、抗アレルギーや抗炎症作用など様々な身体に良い効果http://www.hartfordwi.net/2.htmlがあるとされています。
プラセンタに含まれる成長因子が、肌の細胞を活性化してくれ、肌の代謝を向上させます。
これにより肌のターンオーバーを助け、ステロイドなどでダメージを受けた肌を健康な皮膚へと生まれ変わらせてくれるのです。
それゆえ、色素沈着のあとの改善にも期待がもてます。
また、神経の過剰反応を抑制してくれるので、激しい痒みを押さえてくれます。
アトピーの改善には、このプラセンタの成分が配合されたサプリメントやドリンクを摂取したり、プラセンタ配合化粧品を取り入れることも有効であるとされています。
また、医療現場では注射や点滴治療を行っています。
このように、皮膚科医も積極的に治療方法に取り入れるほど効果的で、また重大な副作用もほとんど起こらないといわれる、アトピー患者の救世主ともいえる成分なのです。
こちらhttp://nacurh2012.com/ato.htmlにもプラセンタのアトピー性皮膚炎への効果が載っていますのでご覧ください。